×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

御魂入れに関しまして

 

現在、御魂入れを私共でさせて戴いておりますが、普通の人にも分かるほどの強い気を込めておりますので、周囲への影響も大きく、人によりましては振りまわされてしまうことがあるようでございます。勿論、素晴らしい効果を感じて下さいます方もいらっしゃるのですけど、全く申し訳のないことでございます。

もし、私の御護符が強過ぎると感じられますようでしたら、神棚に上げて下さいますとか、持ち物の中に忍ばせて戴く等の方法で御使用下さい。余り身に付けて下さらない方が良いのかも知れません。

弱過ぎる気では御護符としての効果は生じず、ただの書となってしまいます。中程が一番良いことは云うまでもないのですが、

大宮司朗様と仰られます方の御本「呪術・霊符の秘儀・秘伝」の中には、御護符を開眼する簡単な方法が掲載されております。

手を洗い、口を漱いで、両手をこすり合わせて、手が熱くなりましたら、御護符を合掌の手に挟み、「天地(てんち)の玄気(げんき)を受けて福寿光無量(ふくじゅこうむりょう)」と7回唱えるのだそうでございます。

これは著者独自の方法で、付け加えますなら、私は正座して丹田に力を入れて数十回唱えて下さいますと良いのではないかと思うのですけど、

やはりね、ご自身の気が一番良いように思います。

ですからね、もし、開眼をご自身でなされます方は、その旨仰って下さいましたら謹書だけでしたら4千円で書かせて戴きますし、私のサイトのものを印刷して開眼してみて下さいましても、それなりの効果は充分期待できるのではないかと思うのです。

皆様の全ての願いが叶いますように、心よりお祈り申し上げます。